<< 友人の「何となくゆる〜いBBQパーティー♪」へ | main | この出愛が新しい企画を産む >>
日本人であること

毎月1日は神社への参拝をできるだけ欠かさず行っています。
昔はそこまでなかったのですが、年を重ねる度に神仏に対しての
想い、自分が日本人であることをさらに自覚することを感じます。
国旗を掲揚することすらなくなった祝日、子どもの頃は国旗を
掲揚することが当たり前で、自分から用意していたのに…。
国際競技の時だけに日本の日の丸を誇らしげに振り回す…。
イベントフラッグになってしまっているようで、日本人のプライド
が薄っぺらなものになったようで。
国旗を掲揚することが逆に珍しくおかしいと思われるこの日本が
不思議でおかしい。外国から攻められても国を守る意識や精神が
どこまであるのか心配だ。国を、歴史を、家族や友人を守ること
がホントにできるのだろうか?
この素晴らしい日本、日本人を大切にしていきたい。
カテゴリ:- | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック